バイク保険を選ぼう

バイク保険なら「バイク保険を選ぼう」へ!

バイク保険の必要性

バイク保険について、その必要性を考えてみましょう。バイクに関する保険は大きく分けると、自賠責保険と任意保険の2種類に分けられます。
自賠責保険は法律上で加入が義務付けられている保険なのですが、「事故の相手に対して補償する保険」といえます。ライダー自身が転倒などにより、ケガをしてしまった場合の治療や入院にかかる費用は自己負担となってしまいます。
また、他人の車に衝突したり、ガードレール等を壊してしまった場合の損害賠償も自己負担となります。他人をまきこんで事故を起こしてしまった場合も、自賠責保険で補償できる範囲を超えたものは残念ながら自己負担となってしまうのです。

一方、任意保険(バイク保険)は「ライダー自身を守る保険」といえるでしょう。バイク保険は治療費だけでなく、「被害者への金銭的な救済」と「ライダーの賠償資力の確保」という大切な役割を持っています。
バイクと自動車を事故発生率で比べてみると、バイクの方が自動車よりも約1.5倍ほど高いことがわかります。その上、バイクはライダーが生身であるため大きなケガをする可能性が高いのです。
従って治療費や入院費の負担も大きくなりがちです。これらのことから、自賠責保険だけで十分とは言えず、バイク保険にも加入することが必要だと思われます。

以前は、法律によりすべての保険会社が同じ利率を適用する義務があったため、どの保険会社と契約しても補償内容も保険料金も同じでした。1998年、自動車保険が自由化され、バイク保険も保険会社が自由に保険料を設定できるようになりました。条件が同じ保険でも保険会社により様々な特徴を備えるようになり、必要性に合わせて選べるようになったことは良かったのですが、その一方で「どれを選べばいいのか迷ってしまう」との声も多いようです。
最近では、インターネットのウエブサイト等で条件を入力するだけで一括見積もりが簡単に出来ます。保険の内容をしっかりと理解した上で、各社の補償内容や保険料を比較するのに利用してみてはいかがでしょうか。